デリヘル求人での面接について

これからデリヘルで働こうと思っている方に、デリヘルの主な面接についてお話しをします。 デリヘル求人に応募して、まずは面接がありますよね。 デリヘルの面接はちょっと怖いと思っていませんか? よっぽどのことが無い限り、デリヘルの面接は全然怖くありません。 特に履歴書などもいらず、普段の格好で手ぶらで行けます。 デリヘルのお店の人との待ち合わせは、喫茶店やカフェなどが多いと思います。 もちろん事務所で面接もありますが、希望すれば出張面接なんかもしてもらえます。 近くの喫茶店まで来てくれる場合もあります。 面接で、どんなことが聞かれるかというと、まずは年齢だと思います。 最近は特に厳しいので、まずは年齢確認をします。 場合によっては、身分証明書をみせます。 年齢が確認されると、次はデリヘルが経験があるか経験がないかを聞かれるかと思います。 経験者か未経験者かは、あまり採用には関係がないと思います。 経験者が有利という訳ではないです。 その他には主に身長や体重やバストのサイズやウエストのサイズなども聞かれる場合があります。 そこはお店によって違うとは思います。 デリヘルの面接は、面談みたいなものなので気楽に構えていて大丈夫だと思います。 仕事内容や給料などを確認して、双方が納得したら採用となると思います。 なのでデリヘルの面接は全然怖くありません。

私はデリヘル店の雇われ店長をしている30代後半の既婚男性です。 20歳の時にピンサロ店の従業員として働き始めた私は、以来ずっと風俗業界で働き続け、現在ではデリヘル店の店長を務めています。 インターネットが発達してインターネットの風俗求人を見て私が店長を務めているデリヘル店にも多くの女の子がデリヘル嬢としての仕事を希望してやって来てくれる様になりました。 デリヘル店の仕事は初めて、という女の子も近頃特に増え、店長面接の後の実技指導を私が行う時に緊張して固まってしまう女の子も中には居ます。 しかし、デリヘル店だけではなくソープランド店やピンサロ店、オナクラ店など全ての風俗産業において就職時や入店時の店長や経営者による実技指導は必須項目となっている事項なのです。 私は仕事上、店長による実技指導としてアナルファックの指導を若いデリヘル嬢希望の女の子に行う事もあります。 小さな身体を固くさせて緊張している女の子の緊張を解きほぐしてあげるのは主に先輩デリヘル嬢の女性の役割となっています。 そしてアナルプラグなどで女の子のアナルを拡張してほぐし、充分にアナルがほぐれた事を確認してから私の勃起した陰茎を挿入して実技指導を行うのです。

関連リンク

京都エリアのデリヘル求人はこちら:はてなジョブ

おすすめは京都の高収入なお仕事なら:シークレット

大阪風俗アルバイトがおすすめ:美少女図鑑

一押しの神戸の風俗求人で一押し:アジト